日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME車検>検査

4.検査を受ける

いよいよ検査コースに入ります。
業者さんっぽいつなぎを着た男性が受けるのを1、2度見れば大体要領がつかめます◎

落ち着いて確実に一つずつこなしていきましょう。


1

準 備

1名乗車で受験。不慣れな方・初心者は1番のコースに並んでください。
(ホールキャップは受験前に取り外します。)
カーステなどは止め、指示を聞き漏らさないように窓を全開にしておきます。
2

入 場

入場灯が青になったら進みます。
3

排出ガス検査及び記録

停止線で停止させ、ギヤは「ニュートラル」にして駐車ブレーキを引き車を降ります。
排出ガス測定器のローブ(細長い棒)を排気管に入れます。
表示器に判定が表示されたらブローブを抜き、所定の位置へ戻します。
記録器に検査表を入れるとガシャンと一瞬で記録されます。
4

進 入

進入表示器が「進入」になったら白線に沿ってゆっくり進入します。
5

サイドスリップ検査

サイドスリップテスタの上ではハンドルを切らずに、ゆっくり通過します。

前輪と後輪との距離(ホイールベース)測定を行いますので、一定の速度を保持してください。

6

スピードメータ、ヘッドライト、ブレーキの検査

前輪停止位置まで来ると、四輪が下の溝にドンとはまればOK。

ヘッドライトの検査
ギアを「ニュートラル」にして、駐車ブレーキを引いて、ヘッドライトを上向き(ハイビーム)に点灯します。
アクセルを踏み、メーターが40km/hを指した所でバッシングをします。
(バッシングは一瞬では判定できません。しっかり確実に点灯させてください)
判定が出たらライトを消して駐車ブレーキを戻します。
 
ブレーキの検査
ブレーキペダルから足を離し「フートブレーキを踏む」が点灯したら、ブレーキペダルをゆっくり(しっかり強く)踏みます。
「駐車ブレーキをひく」と点灯したら、駐車ブレーキレバーをゆっくり(しっかり強く)引きます。
ブレーキの判定が出たら、検査は終了です。
表示器に検査結果が表示され「前に進む」が点灯したら、前に進みます。
7

記 録

ドライブスルーの要領で記録器に横付けし、検査表を差し込むと、ガシャンと一瞬で結果が記録されます。
8

外観検査及び下回り検査

同一性の確認、外観検査、灯火装置の検査、下回りの検査
検査官の誘導でドライブオンリフトのステンレス板の中央に前輪を停止させます。
ギアを「ニュートラル」にして、駐車ブレーキを引きます。
書類一式を渡すように言われ、ボンネットを開けるように指示をされます。
その後、リフトが上がり、車の下から検査官が「ハンドルを左右にきって」とか「ブレーキを踏んで」とか指示をくれます。(※ちょっと声が聞き取りづらいです。)
9

退 場

合格なら書類と新しい検査商標をくれますので、そのまま退場、帰宅できます。

 

←「車検の書類手続き」へ
「あとがき」へ→

 

HOME車検>検査