日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME冠婚葬祭:マナーと常識>お中元

出産祝い 〜 celebration of a birth 〜

可愛い赤ちゃんの誕生に、お祝いしたい気持ちを上手に伝える為にも、マナーは大事です。
出産という大仕事が終わったお母さんの体調や、産まれたばかりの赤ちゃんの健康状態を考慮して、新しい命の誕生をお祝いしましょう♪


 

贈る時期


生後7日目くらい〜30日過ぎまでの間が最適です。

■生後7日目:命名日(お七夜)
 赤ちゃんの名前が決まったお祝いを、身内で行います

■生後30日過ぎ:お宮参り
 赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝と、健やかな成長を祈願し、氏神様に参拝します。
 このお宮参りの後、早めに出産祝いのお返しをします。

つまり“赤ちゃんの名前が決まった頃”から、“出産祝いのお返しが始まる前”までにお贈りするというわけです。

万が一お贈りするのが遅くなってしまいそうな場合には、前もって電話や手紙などでその旨を伝えておきます。また、もし遅くなってしまった時には、お詫びの言葉を添えることもお忘れなく

 

 

渡し方


すぐに駆けつけたいところですが、出産という大仕事が終わった母親の体調のことを考えて、出産後1〜2週間は訪問を控えましょう。新米ママなら尚更、慣れない赤ちゃんのお世話もきっと大変です。
身内やごく親しい間柄の方以外は、少し落ち着かれてからが良いでしょう。

それでも「やはり早くお祝いしたい!」という場合、郵送の方が良いでしょう。
そして必ずカードを添えるか、別便で手紙を送るかなどして、祝福のメッセージを伝える、ということが大切です。

また、後日お祝いに駆けつけるならば、以下の4つは最低限守りたいものです。
 1.目安として、だいたい退院2週間以降頃
 2.お母さんと赤ちゃんの体調を確認した上で
 3.お母さんの身体の負担にならない時間帯
 4.長居は禁物(30分以内を目安にしましょう)

 

 

贈答様式


水引は赤金(5本か7本)にて、結びは花結び(蝶結び)ののし紙を用い、上書きは水引結び目中央上に「御祝(御安産御祝、御出産御祝)」、中央下にやや小さく名前を書きます。

 

HOME冠婚葬祭:マナーと常識>お中元