日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME冠婚葬祭:マナーと常識>お歳暮

 

お歳暮 〜 a year-end present 〜

12月初めより20日ごろまでに、お世話になった方へ感謝の気持ちとして贈り物をする慣習。

お中元を贈った先様へは必ずお歳暮も贈るのがマナーです。


お歳暮の語源と由来

お正月に祖霊(先祖の霊)を迎え御魂祭りの御供え物や贈り物をした日本古来の習わしが、起源とされています。嫁いだり、分家した人が親下へお正月になると集まり御供え物を持ち寄ったのが始まり。今では、日ごろお世話になっている方々への年末のあいさつになっています。お正月の準備に必要な品を贈るので準備を始める12月13日「事始め」ごろに贈る習慣がありました。

 

 

贈る時期

お正月の準備を始める12月初めより20日ごろまでに贈ります。
以前はこの時期になると百貨店、スーパーなどでギフトコーナーができましたが、最近では10月下旬や11月1日からコーナーを設けている場合がほとんどです。早くより予約すると割引きや特典がつく場合もありますので、毎年利用される方など早い目のチェックも必要。
最近では年末の忙しい時期をさけて早めに挨拶をする方も増え11月に入ってから贈るケースも増えているようです。

また、関東と関西では贈る時期もすこし違うようです。
関西では12月の始めから中旬あたり、関東では11月下旬から贈られるようです。
しかし、あまりにも早いのも考えもの。
昔から12月13日(お正月の事始め)は、1年の締めくくりとして、新年の準備を始める日とされています。ですので基本はやはり12月中旬がふさわしい時期かと思います。

 

 

挨拶状を同封

本来は訪問して直接渡すのが原則ですが、現在ではデパートなどから直送するケースも増えています。直送する場合はあいさつ状を同封するか、荷物が届くころに別に手紙かハガキを出すのがマナーです。挨拶のほかに、何を、何時、どこから送ったかを書いておくとトラブルが起こった時(荷物が到着していない)に役立ちます。

特に生鮮食料品などは、相手の都合などもありますので品物を贈る前に挨拶状を出しておく心遣いも必要です。

 

 

贈答様式

水引は赤金(5本か7本)にて、結びは花結び(蝶結び)ののし紙を用い、上書きは水引結び目中央上に「御歳暮」、中央下にやや小さく名前を書きます。


HOME冠婚葬祭:マナーと常識>お歳暮