日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME祝祭日・記念日>海の日

海の日 〜 Marine Day 〜

海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日。
7月の第3月曜日(国民の祝日)

昔は7月20日でした。


『海の日』

私たちの住む日本という国は四面を海に囲まれた海洋国で、はるか昔から外国からの文化の伝来をはじめ、人の往来や物の輸送、産業、生活などの各分野にわたって、海に深くかかわってきました。
昨今、ウォーターフロントが開発・整備され、マリンレジャーが広く普及するなど、海を利用する機会が多様化しましたが、一方で地球環境の保全という観点から特に海の役割が一層高まっており、海洋汚染防止などの必要性が一層高まっています。
 
 このような海の重要性を改めて考え、国民の祝日「海の日」を設けようと国民運動が大いに盛り上がり、その結果、平成8年から「海の恩恵に感謝し、海洋国日本の繁栄を願う日」として7月20日が国民の祝日「海の日」として制定されました。

さらに平成13年6月、「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」が成立したことにより、「海の日」は平成15年から7月の第三月曜日となり、三連休化されております。

 

海の月間「7月1日から31日」

「海の月間」は、「海の日」の三連休化をきっかけに、「海の日」本来の意義が失われることなく、三連休化がより有効に活用されるよう環境づくりを進めていき、広く国民の皆様に「海」に対する理解と認識を高めてもらおう、と設けられている月間です。

国土交通省では、関係省庁、地方公共団体や海事関係団体の協力を得て、国民の祝日「海の日」を含む、7月1日から31日までの1ヶ月間には、「海フェスタとやま」をはじめ、全国各地で行われる海に関する各種様々なイベントの紹介を行っています。

 

 海で楽しめるイベント

『みんなで海のことを考え、海に親しみ、海を大切にしましょう』を標語に、日本海時広報協会は様々なPR活動を行っています。

また子供に向けの船の体験教室やシンポジウム、全国一斉海浜清掃などの行事も開催されているようです。
これには、子供たちに広く海のことを知ってほしいという思いが込められています。

海で楽しめる各種イベントが全国で催されていますので、身近なイベントに参加して「海」のことを是非考えてみて下さい。
詳しくは、「海の月間」推進委員会事務局まで、お問い合わせ下さい。

「海の月間」推進委員会事務局(財)日本海事広報協会   03−3552−5033
所 属
電話番号
北海道運輸局(小樽) 海事振興部旅客船舶産業課
0134−27−7176
東北運輸局 海事振興部海事産業課
022−791−7512
関東運輸局 海事振興部旅客課
045−211−7214
北陸信越運輸局 海事振興部海事産業課
025−244−6115
中部運輸局 海事振興部旅客課
052−952−8013
近畿運輸局 海事振興部旅客課
06−6949−6416
神戸運輸監理部 海事振興部旅客課
078−321−3146
中国運輸局 海事振興部旅客課
082−228−3679
四国運輸局 海事振興部旅客課
087−825−1182
九州運輸局 総務部総務課
093−332−8081
内閣府沖縄総合事務局 運輸部総務運航課
098−866−0064
HOME祝祭日・記念日>海の日