日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME祝祭日・記念日>こどもの日

こどもの日 〜 Children's Day〜

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日。
5月5日


『こどもの日』の制定

5月5日の端午の節句は、5月初めの午(うま)の日に薬草で邪気をはらうという、漢代からの中国の習慣に端を発しています。
これが伝来して日本古来の習俗などが加わり、病気や災厄をはらい、男の子の逞しい成長を願う目的の行事として一般化しました。

「端午」の「端」とは「はじまり」を、「午」は「うまの日」を意味し、「この月はじめての午の日」を表しています。
要は5月の初めの午(うま)の日のことを指すのですが、奇数の重なりを節目として祝った陰陽道の影響から、やがて端午の節句は5月5日に定着しました。

菖蒲(しょうぶ)の葉や根を使うことから菖蒲の節句とも呼ばれますが、菖蒲が『尚武(しょうぶ):勝負』に通じることから、男の子の節句として定着しました。

 

五月人形や兜を飾るのはなぜ?

武家社会において、鎧や兜は戦いのための身体防御として身を守る大切なものでした。
現代では、病気や事故から赤ちゃんや子どもを守り、強く、立派に成長してくれるように願いを込めて飾るようになったのです。
つまり子どもに災いがふりかからないように、鎧や兜が身を守ってくれているのです。

その後、江戸時代にはすっかり一般化し、民間でも五節句の一つとして盛んに行われました。

 

鯉のぼりのいわれは?

鎌倉期の武士階級の台頭とあいまって、男子の健やかな成長を祈るお祝いの日として、端午の節句は勇壮さが強調されていきました。
室町時代には早くも「兜人形」が作られ、江戸時代の中頃になると中国の故事「鯉変じて龍となる」にちなんで「鯉のぼり」が作られて、男子の栄達を祈願して、戸外に飾られるようになっていきました。

もともと鯉は清流だけでなく、池でも沼でも生きられる生命力の強い魚。
「鯉のぼり」は環境の良し悪しにかかわらず、立派に成長して立身出世するように願って飾られるようになったもの。
災厄や魔物を除けてくれる魔除けであり、守り神のようなもの。

中国の『登竜門』の故事に由来しており『黄河の上流の急な流れを鯉が上る!』ということで、鯉は出世魚と考えられていたのです。(鯉の滝登り)

子どもの、立身出世(高い官職や地位につき、有名になること)の象徴として、鯉のぼりを立てるように、なったという説。

また男の子が生まれた年に鯉のぼりを掲げ「子供を守ってください」と、天の神様に向かって、目印にしたという話もあります。

 

鯉のぼりの吹流し

鯉のぼりの上で薫風に揺れる五色(青・赤・黄・白・黒)の吹流しの色目にも実は意味があるのだとか。
五行の摂理からそれぞれ「木・火・金・水・土」を表していて、魔を祓い、呪を固める強い霊力で下に泳ぐ鯉たちとともに、その家の幼い男の子を静かに守り続けているのです。

 

粽(ちまき)や柏餅を食べるのは?

粽(ちまき)に使われる菖蒲は、その鋭い剣状の葉から強い香りを匂い立たせることにより、災厄を退け、悪霊を祓う強い霊力が備わっており、子供の生命力を強くするといわれています。

一方、柏は古くから男性的でおめでたい樹とされ、神事に使われていました。
新芽が出ない限り古い葉が落ちないそうで、「家(後継者)が絶えない」という縁起をかついでいるのだそうです。

江戸時代の中頃からは、端午の節句に餅を柏の葉で包んで供えたり配られたりし、また、葉が大きいことから食物を盛る器としても使われていました。

京都には小豆のこし餡と別に、白味噌を使った味噌餡の柏餅があって、一見してわかるように味噌餡の方は柏の葉の表側を外に、小豆餡は裏側を外にして包んであります。

 

「端午の節句」東西

端午の節句が一般化した江戸時代には、江戸城へ各地の大名が登城し端午の御祝儀があり、民間の家々では五月幟(のぼり)を立て、兜(かぶと)人形を飾り、菖蒲酒(細かく刻んだ菖蒲を入れたお酒)を飲み、粽(ちまき)や柏餅を作りました。

しかし、当時から江戸と上方(京都、大坂)では祝いの菓子にも違いがありました。
江戸では主に柏餅、上方では主に粽を食べていたという記録が、歴史文献に残されているそうです。

「端午の節句」の呼ばれ方も、東西では違いがあります。
「こどもの日」と呼ばれるのが一般的な東京と違い、京都では床の間に据えられる武者人形のお飾りから、「大将(たいしょう)さん」と呼ばれて、古くから親しまれてきました。

和菓子屋さんの呼ばれ方も違います。
「お団子屋さん」というのが東、「おまんやさん」というのが西。
節句というのはそれぞれの地方で庶民の暮らしを彩る、楽しい生活行事だったのですね。


5月人形のしまい方

ポイントは、湿気のないカラッと晴れた良い天気の日を選ぶこと。
鎧や五月人形は、結構金属部分が多く使われているので、素手でさわらず、手袋を使用すれば安心です。
(湿気るとサビやすく又カビを出すことにもなります)
またしまう時は、手前のものから奥のものへと順番に片付けます。
(人形を倒したりしないため)

■用意するもの

 毛ばたき・布手袋・柔らかい布・人形用防虫剤


■しまい方

  1. 道具に付いたほこりを毛ばたきなどでよく落とします。

  2. 金属部分や塗製品は、指紋などが付いていないか確認し、付いていた場合は柔らかい布でから拭きし、指紋を拭き取ります。
    (必ず手袋を使用すること)

  3. 兜面は部品を分解して、紙に包んで元の箱に入れます。
    この時に詰め込みすぎると形がくずれるので、隙間に少し余裕を持ってなおすこと。
    ※使用する紙は、広告や新聞紙はもってのほか×。
     インクの油分があることを忘れずに!

  4. 屏風や飾り台は、塗製品が多いので、指紋や汚れをとって、間に和紙などをはさんで、しまいます。

  5. 防虫剤を入れるときは、直接人形や道具に触れないように気をつけること。
    (金具の腐食や変形の原因になります)

  6. 湿気の少ない高い場所(押入れの上段や天袋)に保管します。

 

こいのぼりのしまい方

五月人形と同じで、湿気のないカラッと晴れた良い天気の日がポイントです。

■しまい方

  1. ブラシでほこりを落とし、汚れがひどい場合は、中性洗剤で軽く押し洗いをします。(素材によっては、もみ洗いができないものがあるので注意)

  2. 軽く絞って、形を整え天日で干します。

  3. よく乾いたら、丁寧にしわをのばしてたたみます。(ナイロン・アクリルの素材のためアイロン厳禁!)

  4. 五月人形と同じく、湿気の少ない高い場所(押入れの上段や天袋)に保管します。

五月人形や鯉のぼりもできれば、年に一度は虫干しして湿気を防ぎましょう。
上手に保管して、大切に扱ってくださいね。


HOME祝祭日・記念日>こどもの日