日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME祝祭日・記念日>敬老の日

敬老の日 〜 RRespect for the Aged Day〜

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日
9月第3月曜日


『敬老の日』

国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日、と定めています。

長い間、社会の為につくしてきた高齢者を敬い、長寿を祝うとともに、高齢者の福祉について関心を深め、高齢者の生活の向上を図ろうという気持ちが込められています。

この日は、地域の高齢者をいたわり励ます行事や、高齢者に対し周囲の人たちの「敬老」に感謝する行事が全国的に行われ、家庭でも父母、祖父母の長寿をお祝いします。

 

『敬老の日』の由来

現在の敬老の日の由来は、1947年、兵庫県多可郡野間谷村(現在の八千代町)の門脇政夫村長が提唱した「としよりの日」が始まりとされています。

当時、村では「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という主旨のもと、1947年から農閑期に当り気候も良い9月中旬の15日を「としよりの日」と定め、敬老会を開くようになりました。
これが1950年からは兵庫県全体で行われるようになり、1954年には国民の祝日として制定され、全国で祝うようになりました。

しかし、「としより」という呼び方はどうにかならないか、ということで各方面から異議が起こり、「老人の日」にいったん改名されました。

やがて「国民の祝日法」が改正されることとなった1966年、「建国記念の日」「体育の日」と共に国民の祝日と制定された際に、現在の「敬老の日」と名称が改められました。

なお、起源としての諸説には、聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という身よりのない老人や病人、貧しい人たち救うための施設を開いた日にちなんで制定されたという説や、もしくは元正天皇が717年に年号を「養老」とし、養老の滝に御幸した日、または高齢者に贈りものをした日であるという説があります。
ただ、どれも確かめられているわけではありません

 

 移動祝日

2002年までは9月15日が「敬老の日」とされていました。

2003年からは「体育の日」「成人の日」と同様に移動祝日となり、9月の第3月曜を「敬老の日」の祝日となりました。

ただし、9月15日は「老人の日」として名称を変更して残し、15〜21日を「老人週間」とすることになりました。

 

 老人週間

老人週間の設けられている2つの目的
  @国民の間に老人の福祉への関心と理解を深める
  A老人が自らの生活の向上に努める意欲を促す

老人週間には高齢化社会における様々な問題点について考え、関心、理解を持ってもらう一つのきっかけとして、各地でさまざまな行事やポスターの掲示などの広報活動が行われます。(地域によっては、老人の日、老人週間の前後にも催しがあります)

 

 老人の日・老人週間キャンペーンが目指す5つの目標

  1. すべての高齢者が安心して自立した生活ができる、保健・福祉のまちづくりを進め、ふれあいの輪を広げよう。

  2. 高齢者の知識、経験や能力をいかした、就労・社会参加・ボランティア活動を進めよう。

  3. 高齢者の介護予防、生きがい・健康づくりへの取り組みを進めよう。

  4. 高齢者の人権を尊重し、「認知症」と介護問題をみんなで考え、高齢者や介護者を支える取り組みを積極的に進めよう。

  5. 高齢社会における家族や地域社会等の役割を理解し、お互いに協力して活力ある長寿社会をつくろう。

HOME祝祭日・記念日>敬老の日