日記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検
HOME祝祭日・記念日>父の日

父の日 〜 father's day〜

父親を尊敬し、称え祝う日。父に感謝を表す日。6月第3日曜日。

『父の日』の由来

父の日はアメリカが発祥で、提唱したのはワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット 夫人 (Mrs. John Bruce Dodd)。彼女の、父に対する思いから生まれました。

ドットの父、ウイリアム・ジャクソン・スマート氏は、北軍の軍人として南北戦争(1861年〜1865年)に召集されます。
その間、母親が女手ひとつで一家を支え6人の子供(男5人、女1人)を育てましたが、父親の復員後、過労によってこの世を去ってしまいます。

父親は、残された子供たちを男手ひとつで育てあげ、6人が成人してから他界しました。戦後の大変な時代を、再婚もせずに懸命に働いた父親の姿を見て育った子供たち。
その末っ子ドットが、父を称えて「父の日」を提唱したのが始まりで、父親の誕生月にあたる6月に「父の日」ができました。

1972年(昭和47年)になり、アメリカでは国民の祝日に制定される。

日本では1950年代ごろから知られるようになりました。

 

 

贈る花

今ではさまざまな贈り物をしますが、本来、母の日がカーネーションだったように、父の日はバラを贈りました。
ドット夫人が父親の好きだったバラを選び、白いバラを父のお墓に供えたことに由来します。

またドット夫人が供えたのは白いバラですが、父親が健在なら「赤いバラ」、他界された後は「白いバラ」を贈るという説もあります。

 →バラの花言葉は、“尊敬”と“喜びのしるし”

 

その他、黄色いバラやヒマワリのほか、白いユリなども支持されています。

 

 

日本では

母の日に比べ認知度の低かった父の日ですが、1981年に社団法人日本メンズファッション協会を母体とした『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』が設立されて以来、父の日が国民的イベントになっていきます。
同委員会では黄色を提唱し、「父の日黄色いリボンキャンペーン」や「ベスト・ファーザー発表・授賞式」などの活動を行っています。

黄色や黄色いリボンの由来ですが…
『イギリスでは古来、「黄色」は身を守るための色とされていました。
「黄色」がアメリカに渡って「黄色いリボン」となり、「愛する人の無事を願うもの」となりました。』(『FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会』の「黄色いリボンの由来」より抜粋)

こうした活動が実を結び、日本では黄色を父の日カラーにするところが多いのです。
プレゼントに黄色いリボンを結ぶのも、そのためです。



HOME祝祭日・記念日>父の日