HOME育児>お七夜


HOME
日 記
妊娠・出産
育 児

■赤ちゃん歳時記

 お七夜・命名
 お宮参り
 内祝い
 1ヶ月検診
 お食い初め
 誕生日

■育児の知恵袋

 ぐずり
 寝かしつけ
 添え乳のやり方
 おちんちん
 おっぱいマッサージ
 食中毒
 子供の病気
 ├風 邪
 ├熱さまし(解熱剤)
 ├おたふくかぜ
 ├水痘(みずぼうそう)
 └インフルエンザ

■子供の遊び場スポット

 ハーベストの丘
 大型児童館ビッグバン
 アメージングワールド
 西猪名公園 ウォーターランド
 泉ヶ丘プール

■ママだってオシャレ

 アテニア洗顔セット

おすすめ北摂情報
良い物発見
映 画
グルメ
ユーザー車検
昂己の成長アルバム
良い物発見
お役立ちサイト
手作り
冠婚葬祭マナーと常識
祝日・記念日


赤ちゃんが生まれて七日目は最初の筋目。
この日をお祝いするのが「お七夜」です。
また、別名を「名づけ祝い」といい七日目に赤ちゃんの名前を決め命名披露の祝宴を開きます。

 

■命名書の書き方

命名書は奉書紙を横半分におり、折り目を下にして三つ折りにします。
三つ折りの中央部に赤ちゃんの名前、右肩に両親の名前と続柄、左下に生年月日。
三つ折りの左側中央には両親の名前(又は命名者)、命名した日を右方に。
最後に三つ折りして上になる右側の表に「命名」と書き入れます。
そして、三方にのせ神棚や床の間に飾るのが正式なやり方です。

現在では神棚や床の間はマンションや団地ではない場合が多いので、その場合は、お家の中で一番目に付く場所に飾ればOKです。

また、略式では半紙の中央に「命名 ○○」と書き左に生年月日書きます。
市販の命名紙(右に生年月日もあり)もありますのでそれを利用する事もOKです。
この場合は、赤ちゃんのベッドの壁や居間などのはれる場所であれば問題なし。

  

 

 

 

 

■お七夜の祝い方

お七夜のお祝いは命名披露ですので、最初に命名式を行いそれから祝宴を行います。
ちょうど出産から退院する直後ですので退院祝いも兼ねます。
お祝いの膳として一般的なのは赤飯や尾頭付きの魚などです。
また、招待する人は昔は、親戚や仲人、名づけ親など大勢でお祝いしていましたが、現在では両家の祖父母など
ごく内輪で行うのが一般的です。

 

 

 


HOME育児>お七夜