HOME育児子供の病気>熱さまし(解熱剤)


HOME
日 記
妊娠・出産
育 児

■赤ちゃん歳時記

 お七夜・命名
 お宮参り
 内祝い
 1ヶ月検診
 お食い初め
 誕生日

■育児の知恵袋

 ぐずり
 寝かしつけ
 添え乳のやり方
 おちんちん
 おっぱいマッサージ
 食中毒
 子供の病気
 ├風 邪
 ├熱さまし(解熱剤)
 ├おたふくかぜ
 ├水痘(みずぼうそう)
 └インフルエンザ

■子供の遊び場スポット

 ハーベストの丘
 大型児童館ビッグバン
 アメージングワールド
 西猪名公園 ウォーターランド
 泉ヶ丘プール

■ママだってオシャレ

 アテニア洗顔セット

おすすめ北摂情報
良い物発見
映 画
グルメ
ユーザー車検
昂己の成長アルバム
良い物発見
お役立ちサイト
手作り
冠婚葬祭マナーと常識
祝日・記念日

 熱さまし(解熱剤)

熱が出たからと言って、脳に障害を起こすことはありません。
40度くらいの熱があっても大丈夫です。

また、熱さまし(解熱剤)は病気を治す薬ではありません。
熱によるつらさを軽くする為に使います。

こんな時に使いましょう。

・38度以上でしんどそうにしていたら

・6時間以上たっても熱がある時

s
注意)熱があっても元気なら使う必要はありません。

座薬か飲み薬、どっちが良いの?

効き目は同じです。

●吐く時・・・座薬

●下痢をしている時・・・飲み薬


注意)座薬と飲み薬を同時に使ってはいけません。

座薬を入れたが、すぐ便が出た場合

・座薬を入れてスグの場合・・・再度入れましょう。

・30分以上経っている場合・・・1時間様子を見るようにしましょう。

 

アイスノンの使い方

頭だけでなく、わきの下や股の付け根を冷やすと効果的です。

 


HOME育児子供の病気>熱さまし(解熱剤)