HOME育児>初めてのお誕生日



HOME
日 記
妊娠・出産
育 児

■赤ちゃん歳時記

 お七夜・命名
 お宮参り
 内祝い
 1ヶ月検診
 お食い初め
 誕生日

■育児の知恵袋

 ぐずり
 寝かしつけ
 添え乳のやり方
 おちんちん
 おっぱいマッサージ
 食中毒
 子供の病気
 ├風 邪
 ├熱さまし(解熱剤)
 ├おたふくかぜ
 ├水痘(みずぼうそう)
 └インフルエンザ

■子供の遊び場スポット

 ハーベストの丘
 大型児童館ビッグバン
 アメージングワールド
 西猪名公園 ウォーターランド
 泉ヶ丘プール

■ママだってオシャレ

 アテニア洗顔セット

おすすめ北摂情報
良い物発見
映 画
グルメ
ユーザー車検
昂己の成長アルバム
良い物発見
お役立ちサイト
手作り
冠婚葬祭マナーと常識
祝日・記念日

生まれて初めての「お誕生日」を迎える赤ちゃん、そしてママ・パパとしての1歳のお誕生日。
まだ離乳食も完了していないし、どんな風にお祝いするか悩みました。

そこで誕生日を盛り上げる様々なお祝いアイデアを集めてみました。



伝統的なお祝いの仕方は、『お赤飯を炊いてお餅をつく』というもの。

昔は双方の祖父母や親戚、仲人など大勢の人を招いてお祝いしたものですが、最近では家族だけ、もしくはごく内輪だけで行うことが多いようです。

食事の内容も昔のように出世魚や赤飯などの御膳を囲んで盛大に宴を開くのではなく、主役の子供が食べられるケーキを工夫して作ったり、お料理も洋風なものが一般的になっています。


@一升(一生)もち

最近では『“一升もち”をつき、背負わせる(踏ませる)』という関東や中部地区での祝い方が、全国的にも多く行われているようです。

<意味・願い>
「一生食べ物に困らないように」「一生元気に暮らせるように」などの願いが込められています。

また、一升もちを背負わせる際、「1歳前に歩き出した子は親を見捨てる」として、親元を離れないようにわざと転ばすよう、餅をぶつけたりするする地域もあるそうです。

<様々な呼び方>“ぶっつわり餅”、“しょい餅”と呼ぶ地域も。


A家族みんなで賑やかに

双方の家族を呼び、自宅で賑やかにお祝い。
和菓子屋さんに「お赤飯」と「紅白饅頭」を注文しておき、お土産にしました。
お互いの家族が顔を合わせたのは結婚式以来。子供のお披露目の大切さも実感しました。


B主役(子供)が食べられるメニューを並べて

子供の好きなおにぎり、フルーツヨーグルトなどを作り、初めてのケーキには大好きなキャラクターを描いてもらいました。
今日だけは子供の好きなように食べさせてあげると、大喜びでした。


Cお子様ランチデビュー

双方実家では「一升もち」や「ケーキ」でお祝いし、初めて外で「お子様ランチデビュー」。
自宅ではお菓子メーカーのキャラクター訪問サービスを頼みました。
その他、写真館で記念撮影も行いました。


D鏡餅の上に立たせる

九州では大きな鏡餅の上に立たせる、という風習もあります。


E将来の職業を占う

男の子の前には「そろばん」や「筆」、女の子の前には「裁縫道具」や「物差し」を置いて、選んだものにより将来を占う、という風習なども各地に伝わっています。


HOME育児>初めてのお誕生日