HOME日記>2005年10月

HOME
日 記

2005年2月
2005年3月
2005年8月
2005年9月
2005年10月
2005年11月
2005年12月

2005年12/27〜 ブログ

妊娠・出産
育 児
おすすめ北摂情報
良い物発見
映 画
グルメ
ユーザー車検
昂己の成長アルバム
良い物発見
お役立ちサイト
手作り
冠婚葬祭マナーと常識
祝日・記念日

 



10/21(金) 晴れ時々曇り

おとといの検診でベビーが既に2966gあると聞いたせいか、急にお腹が重く感じるようになりました。
実際、昨日は腰痛がいつもよりひどく、おまけに左足の膝がまるでソコだけ氷水につけているようなくらい冷えており、びっこをひかないと歩けないような状態でした。

もしかしたら出産まで膝の痛みを持ったまま過ごすのかと心配したのですが、今日の午後にはすっかり痛みはひいていました。
夕べのお風呂での保温と(独自の)血流体操が効いたのかしら?
一体夕べの痛みはなんだったんだろう・・・

今日は1時間の散歩。食欲も旺盛!お通じも問題なし!
赤ちゃんはまだまだ力強くお腹の中で動いています。

久しぶりに姉と連絡をとったら「毎日tomoが赤ちゃん産んだ夢見るねん!どない?」と、とても気にしてくれている様子に、嬉しく思いました。
姉は「陣痛きたらスグ連絡しといでや!」と言うのですが、一緒に病院に来て何をするつもりなんだろう?
先日は夫の母からも私の体調を気遣うファックスが届きました。

たくさんの人に誕生を待ち焦がれてもらっている私達の赤ちゃんは、本当に幸せな子だなぁ〜と思うのです。早く生まれておいで〜♪




10/11(火) 雨時々曇り

今日は妊婦検診の後、ここの掲示板で知り合ったのぞみさんと会うお約束をしていました。

のぞみさんにはもうすぐ5歳の女の子と、もうすぐ2歳の男の子がおられて、今日の待ち合わせは下の男の子が一緒に来るはずだったのですが、おばあちゃまが預かってくださったとのコトで、ゆっくり話し込むことができました。

出産に向けて、色んな不安や心配が多くてちょっぴり神経質になっていたのですが、さすが先輩ママは「産むが易しですよぉ〜。何とでもなります!」と励ましてくれました。
分娩時のお話から入院中や育児のお話以外にも、色んなお話に花が咲いて、気付けば6時間ほど話まくってしまいました。

夫以外の人とこんなにゆっくり話し込むのは本当に久しぶりだったので、時間も忘れて色んなお話をさせて頂いて、随分気持ちもほぐれました。感謝、感謝です!


〜のぞみさんの愛息子〜
+ 友志(トモユキ)くん1歳10ヶ月 +




10/6(木) 晴れ

今日は久しぶりに晴れ!
朝からヨーグルトの朝食と元気の出るジュース『アルフェ』と鉄分のお薬を飲んで、夫の会社まで一緒に車で通勤。
夫の会社のゴミ出しや簡単なお掃除などを済ませ、いつものように1時間かけて徒歩で帰宅。
アルフェを飲んだせいか、足取りも軽く帰宅後もそのままの勢いでせっせと家中を掃除。
なんだか今日は調子良いぞ!

来週から臨月に入るので「そろそろお金や書類の準備をしておかなきゃ」と思い、先日豊中市役所に出向き、もらえるだけの書類はもらってきました。
何しろ出産後、床上げまでの1ヶ月自由に外出など出来無そうなので、出産に伴う書類関係は全て夫に手続きを任せなければいけないし、銀行だって場合によっては行ってもらわなければいけなくなります。

できるだけ夫の負担を減らすために、書類は提出するだけの状態、銀行は当分行かなくても済む状態にしておこうと、準備をしました。


<出産に伴う提出書類>

【健康保険の手続き】〜社会保険事務所〜
 1.扶養親族申請
   (子供の名前の入った健康保険証を即日発行してくれるそうです。)
 2.出産育児一時金申請

【出生届け】〜豊中市役所(市民課戸籍係:第1庁舎1F)〜
 通常は産院に用紙があり、出生の証明を記載した状態で産院からもらえるらしいです。
 ※他に「印鑑」と「母子手帳」が必要です。

【乳幼児の医療費助成】〜豊中市役所(保険給付課:第2庁舎2F)〜
 ※「子供の名前の入った健康保険証」と「印鑑」が必要です。

【児童手当】〜豊中市役所(子育て支援課:第2庁舎3F304番窓口)〜
 ※「印鑑」「保護者名義の預金通帳」「保護者の保険証のコピー」が必要です。

 

<出産にあたり必要なお金>

【分娩入院費】
 何があるかわかりませんので、想定金額よりも大目に用意しておきます。

【床上げまでの間に引き落とされる公共料金】
 毎月口座から自動引き落としされる公共料金を余分めに2ヶ月分程入金しておきます。

【床上げまでの間に必要な食費、生活雑費】
 床上げまでの間、食事などが店屋物やお惣菜になりがちだと予想されるので、やはり普段より余分目に手元に現金を用意しておきます。


出産ってお金がかかるなー、と改めてガクっと減った貯金通帳を見て思いました。
出産一時金が支給されたって、30万円じゃ全然足りません。
30万円で出産できる病院なんかあるんだったら教えてほしいよ!

検診だって毎回7000円前後はかかるんだし、「少子化」を本当に解消したいのなら政府はもっと出産や育児にかかる費用を負担すべきだ!と夫とよく話すんです。
もっと住み良い日本になってくれないかなー・・・・


    

    


HOME日記>2005年10月