妊娠 出産 育児
 
2008年02月19日

近況報告

080216_2036~06.jpg
今朝、昂己が食事中にくしゃみをした後、「ごめんなさい・・・」と小さく言った。
パパと私はびっくり!!
大人のマネをしたのか、自然に出た言葉なのか・・・

そして食べた後の食器は流しに、ごみはゴミ箱にちゃーんと捨ててくれる。
昨日なんて、パパと一緒にトイレ掃除も手伝ってくれた。

それと最近は毎日パパに保育園に連れて行ってもらう。
パパと歩くときは、よく抱っこをせがむ昂己。
どうやら、
 「コケるから抱っこして」といって、抱っこを催促するらしい。
しばらくして「もう歩ける?」と聞いても
 「コケるからイヤ」と拒むんだそうな。
私といる時はあまり抱っこをせがまないのは、やはり赤ちゃんがいるってコト理解しているのだろうか?

私はというと、軽いつわりの胸焼けは相変わらずで、最近は満腹時、空腹時関係なくムカムカくる。
それと、この数日。眠い!
昂己と一緒に9時過ぎに床につき、朝は8時までガッツリ一緒に眠る。
昼間もご飯の後、うつらうつらと今日は1時間ほど昼寝した。

腰痛は、先週まで起きぬけには立ち上がれないほど苦しんでいたが、ekkoサンにお借りしたトコちゃんベルトをするとラクになった。(ekkoさん、ありがとうございます♪)
2日ほどベルトで日中過ごし、できるだけ中腰を避け、物を拾うときも膝を曲げて腰を曲げないようにしていると、この数日痛むコトは殆どなくなった。
しかし、妊娠中の腰痛は主にお腹が大きくなってから起こるものらしい。
しかも私の場合、腰というより左臀部の奥(骨?)に近い感じ。
左側しか傷まない。
・・・・コレは一体なんだろう?

明日は検診。
レントゲンも今の時期は撮れないし、原因が分かるかどうか分からないけど、一応ドクターに相談してみようと思います。

2008年02月17日

妊娠中はツイてる?!

080216_2036~02.jpg

今日は姉が実家に子供達を連れて行く、というので、昂己も一緒に連れて行ってもらえることになった。
私とパパは昂己を出産して以来、初めてゆっくりランチのデートだ♪
行ってみたいお店が沢山あった中で、今日は近場(大阪狭山市茱萸木)のイタリア料理『カンティーナ』に行った。

人気店で、週末は予約を入れた方が良いとネットで見たので、事前に予約をしていって正解だった。
私達の前に入店した家族連れは満席で帰って行ってた。

妊娠してるのでお酒を飲めなかったのが残念だったけど、なかなか美味しかった。
そして何よりゆっくりパパとお話を楽しみながら、料理をきちんと味わえたのが嬉しかった♪

その後、買い物をして帰宅。
二人でコタツでゴロっとしたらそのまま眠ってしまい・・・
姉の「今から昂ちゃん送り届けるね」の電話で起きた。

夜は簡単にカレーで済ませ、来期からの団地の役員会議に出席。
抽選で係(役)を決める大事な会議だったのだが・・・・
まんまと『会長』を引いてしまったΣ(T▽T;)

出産を控えているし、できるだけ軽い仕事(役)になりたかったのに・・・
妊娠中はツイている、というけど、こんなところで大当たりを引いてしまうとは・・・・
かなりブルー・・・

パパも協力してくれると言っているし、すべては必然だと思って黙々と1年間会長の仕事をこなすしかない、と諦めた。

はぁ~・・・それにしても・・・・・||||||||||||||(_ _。)ブルー||||||||||||||||

2008年02月04日

自動車保険を見直そう♪

我が家の自動車保険の満期が近づき、更新はがきが届いた。
年に一度とは言え、7万円強の出費は痛い!
あまり保険に詳しくもないので、ずっとパパが独身時代から加入していた保険屋にお願いしていたのだが、今回は思い切ってパソコンから一括見積もりなるものを利用してみた。

するとなんとほとんどが半額くらいの見積もりでの返答!
えええーーーーっ!
こんなに安くなるのーーー!

逆に、こんなにバカみたいな値段よくずっと払ってたなーー・・・(ーー;)とへこんだ。
すごく損していた気分。

ま、とにかく安価でもきちんと対応してくれた三井ダイレクトさんで今年は契約した。
ネットだと更に4,500円も安くなるのだ。

パパは「自動車保険って安くなったんやなー・・ちゃんと保障は大丈夫なんやろか」と、少しだけ不安気。

昂己の先日の入院もあり、この機会にと私と昂己の保険(府民共済)にも加入した。
とは言え、私は子宮筋腫があるので“条件付”だが・・・
この先も、いつ何があるかわからないものね。
万が一の時に少しでも負担軽減になるのなら助かるし、お守り代わりとも言うものね。
昂己がこんなにケガ・病気をするなんて、思いもよらなかったし・・・(^^;)

家庭を持つってのは、大きな責任を背負うってコトなんだなー。

パパとこの前一緒に“ミナミの帝王”を見た時のこと。
父親が入院する日数分、無収入になるので、その保障を!とかヤクザが取り立てているのを見て、パパが「俺もそうなるんやなー・・・」。

・・・ほんまやっ!

パパがもしケガや病気で入院したら、我が家の収入は途絶えるんだ!
恐ろしき自営業!!!

パパは以前から保険には加入しているけど、やはりそんな事態を想像するだけで恐ろしい。
そんなコトが起こったら、病室にパソコン持ち込んでもらわなきゃ・・・・

2007年12月15日

遠い、遠い夢

今日は家族揃って鉢ケ峰にお墓参りに行き、その後私の実家に行った。
体調を崩していた母も少し回復したようで、思ったより元気そうで安心した。

昂己は実家の二匹の犬(ロッキー・ミルク)が大好き!
食事の途中も犬のサークルに近づき、一粒ずつエサをせっせとあげたり、勝手にサークルのゲートを開けたり・・・とにかく気になって仕方が無いみたいだ。

いつか犬が飼える家に住めると良いな。

071215_1554~07.jpg
  +最初は遠慮がちにロッキーが添い寝+

071215_1613~06.jpg
  +気づけば2匹共・・・しかも昂己に乗ってる(-_-;)+

2007年12月10日

ケーキ作り

昨日、寝る前にお誕生日の映像を見ていたところ、昂己が突然「ケーキ!ケーキ!ケェーキィーっ(><)」と半ベソでの必死の訴えをしはじめた。
それで「明日イチゴいっぱいのケーキ食べようね!約束ね!」と何とか納得してもらった。

いつものお気に入りのケーキ屋さんは生憎の定休日。
しかし、近所のスーパーの店頭には、最近イチゴが並びだしているのを知っていたし、最近はスポンジも生地から焼かなくてもきれいな円形のスポンジが売っているのだ。

一緒にケーキを作る楽しみもあると思い、晩御飯の後、パパと昂己を中心にみんなでイチゴたっぷりのケーキを作った。

昂己がホイップクリームを混ぜると、手や顔に着きまくっていて、またそれを気持ち悪い!と大騒ぎ!
でもペロリと舐めて「甘い♪」と味をしめたようで、何度もクリームに指を突っ込みだした。

ようやくホイップクリームが固まり、昂己にわやくちゃにされながらも何とかスポンジにクリームを塗る。
クリームを絞り袋に入れ、いよいよデコレート!
・・・しかし、昂己が袋を鷲づかみ!!
「ぁあああっ!アカン!アカンってーーっ!」とパパ絶叫。
071210_1915~07.jpg

てんやわんやの大騒ぎの上、あちこちにクリームは飛んでるワ、ケーキはとても美味しそう♪という出来ではなかったけど、ようやく形になった。

そしてみんなで切り分け、イチゴたっぷりのケーキを心ゆくまで食べました。
昂己は大きなイチゴを口いっぱいにほおばり、「おいしーねー♪」と満足気!
071210_1920~04.jpg

あまりにイチゴをほおばる昂己を見て、パパは
「幼児の窒息死とかあるから、よぉ見とかな!」と少し心配そう。
071210_1924~09.jpg

ケーキ食べよう、と言うと
 (昂己)「はっぴばーしゅでー、こうちゃんや♪」
 (ママ)「ん?昂己は終わったでしょ?次はママやで」
 (昂己)「はっぴばーしゅでー、ママ!(ロウソク)ふぅ~して!」

愛いヤツめ(*^m^*)♪

2007年12月03日

こたつ

ずいぶん寒くなってきたので、こたつを出した。
狭くなるのでどーしよーかと悩んだけど、結局リビング(ダイニング?)に食事用のテーブルとコタツを並んで置いた。
少し狭くはなったけど、充分置けて一安心。

窓にも防寒用にプチプチを張り詰めると、少し窓からのヒンヤリがマシになったように感じる。
窓のスキマ風を防ぐグッズもコーナンで売っていたので、検討中。

保育園から帰った昂己はコタツに大喜び。
オコタの上にみかんを用意してあげると、パパとほくほく顔で仲良く食べていた。
しかも妙な体勢で・・・・(写真参照↓)
071203_1730~05.jpg

こたつがあると、なんだかほっこりして幸せな気持ちになる。
“冬がきたな~”という感じダ。

そして案の定、オコタに座る私の膝に昂己がちょこんと乗ってテレビを見ていると、お尻に根が生えた様に動くのが面倒になる。
「ごめん、リモコン取って」
「カーテンに隙間が・・・閉めてくれる?」
「換気扇止めてくれる?」

パパは苦笑いしながらも、何度も立ち上がっては指示通り動いてくれる。
私の手となり、足となるパパです。

2007年12月02日

光明池

今日は光明池にゲームと買い物に行った。
コムボックスではお買い物金額に応じて、「縁日券」みたいなのをくれて、ヨーヨー釣りや射的など小さな縁日が催されていた。

昂己もひとしきりゲームセンターで遊んだ後、スーパーボールすくいをやりました。
071202_1108~09.jpg
最初はパパが説明しながら、手伝ってあげたけど、その後2つくらい自分ひとりでボールを上手にすくっていた。これにはビックリ!
そんな器用なことができるようになっていたなんて・・・