妊娠 出産 育児
 

«完全復活! | TOP | スパヒルズ遂にオープン!»

2008年01月20日



宗ちゃん家でお泊り


  +(左から)宗市クン、航大クン、昂己+
宗ちゃん家のパパが週末に出張でお留守なので、泊まりに来ませんか?と嬉しいお誘いを頂き、二つ返事で昂己と行って来ました。
ちょうどパパも溜まっている仕事があったので、とても助かったみたい。

昂己は電車にも殆ど乗ったことがないので、地下鉄とはいえ嬉しそう。
昂己が座席でじっとしてるワケがない、とかなりドキドキだったけど、実際は一度も席を立つこともなくお利口にじーっと座っていてくれた。
途中何度も「宗ちゃんは?宗ちゃんは?降りていい?」

江坂まで宗ちゃんママに迎えに来てもらい、早速ご自宅へ。
自宅と言うこともあり、子供達はスグにテンションMAXではしゃぎだした。

午後から航大君も参加。
到着した時からお昼寝中で数時間してからようやく起きた航大君。
年上の兄貴達(しかもすごいテンション)の勢いにのまれて、始終ボー然。
少し慣れてきたかな~、と思ってたら、ママのカバンをよいしょと担いで「帰ろ!帰ろ!」の催促。
兄貴達のあまりの勢いに、驚いてしまったのかな(^^;)

夕飯には美味しい四川風?韓国風?鍋を振舞って頂き、普段めったに出来ない晩酌♪
宗ちゃんママと美味しい日本酒、ワインで乾杯しました。
子供達は遊ぶのに夢中でご飯もそこそこで席を立ち、私は美味しいお酒とお鍋にいつも以上にベラベラと饒舌になり・・・その勢いは止まらず・・・
一人でずっと喋ってたんではないかしら?と帰宅してから、不安になりました(^^;)>

私がやんちゃっこ達をお風呂に入れ、宗ちゃんママが受け取ってくれました。
ウチとは違う広くてキレイなお風呂に昂己も宗ちゃんとはしゃぎっぱなし。
「いつもはイヤがるの」と聞いていたシャンプーも、宗ちゃんは嫌がることなく、ちゃんと洗わせてくれたし、良い子でした◎

翌日にはカルフールに行って遊んだり、ご飯を食べたり・・・
長い時間一緒に居ると、子供達はおもちゃの取り合いなどから、ちょっとしたケンカが何度も起こる。
この時期の子供はまだ上手に「貸して」「どうぞ」が出来ないので、すぐに手が出やすい。
昂己は宗ちゃんに何度も泣かされては、私のトコロに助けを求めてくる。
宗ちゃんママは恐縮して何度も謝ってたけど、この時期はお互い様だし兄弟のいない昂己にとっては良い体験だ。
私としてはありがたいくらいだ。
しかし、昂己がこんなにヘタレだとは思ってもみなかった・・・内弁慶だったのか?!

本当に楽しい2日間はあっという間に過ぎ、帰りには冷たい雨の中、また江坂まで送っていただいた。
ベビーカー片手に傘と昂己と荷物を抱えていたので、名残惜しい気持ちだったけど一度手を振って急いで近くのコンビニに駆け込んだ。ごめんね、宗ちゃん、宗ちゃんママ。
コンビニに入った昂己も「宗ちゃんは?●●(宗ちゃんの苗字)さんは?」とキョトン顔。


宗ちゃんと遊んで学んだ“痛み”と“謝罪”。
昂己はこのお泊まり以来、パパを理由もなしに叩いたりすることが殆どなくなった。
気分で「あっち行って」「どいて」と押してくる悪いクセも、少しずつ治ってきた。
悪い事をした時も、すんなり「ごめんなさい」と謝れるようになった。

やはり男の子には自らの体験がとても大切なのだ、と感じた。
どれだけの強さで叩いたらどれだけ痛いのか、
おもちゃを取られて悔しかった思い、
理由もなしに攻撃される怖さ、痛さ、悔しさ・・・・・

遊んでたのは全部宗ちゃんのおもちゃだし、宗ちゃんの方が若干体つき・足取りもしっかりしているので、全体的にやられっぱなしの昂己。プププ(^m^)

宗ちゃんママはその度に宗ちゃんを叱っていたけど、いつも家で好き勝手やり放題の昂己にとっては本当に良い体験だったと思う。
宗ちゃんは本当に素直で元気な良い子!
昂己も私も宗ちゃん親子が大好き!
昂己は、あんなに泣かされても「また宗ちゃんと遊ぶ!」と言っているのだもの。

子供達が本当の【友達】になってきたんだ、と感じた2日間でした。
そして私はというと、宗ちゃんママの美味しくて美しい手料理に触発されて、このところ苦手な料理もがんばってます。
うーん、良い影響だ♪