妊娠 出産 育児
 
2007年12月25日

伊丹アメージングワールド

和歌山マリーナシティへ行く予定を急遽変更し、宗ちゃん一家と伊丹アメージングワールドへ行った。
HPで見るイメージとはちょっと違って、庶民的な雰囲気だったけど、子供達は目一杯楽しんでくれた。

大きなボールプールやふわふわビニール製の滑り台(←これは年齢制限で昂己は使用不可)、マグネットの釣堀やプラレール、室内用滑り台や車・・・
お得だから、と3時間のチケットを購入したものの、そんなに遊ばないと思っていたけど、本当にあっという間の3時間だった。

ボールプールや他のおもちゃにも夢中になっていたけど、昂己は特に紙芝居が、特に気に入っていたみたいだ。(時間になるとスタッフのお姉さんがやってくれる)

そして予定していなかったけど、変身して写真が撮れるというのも宗ちゃんママに促されやってみたら、結構楽しかった。
最初、お着替えをイヤがった昂己だったけど、「ネコちゃんになってみる?」と誘うと、「・・・うん」。
1225.jpg
この頭にかぶる耳はスグに嫌がって脱いだけど、撮影も自由だし背景のスクリーンも数種類用意されており、思わぬトコロで素敵な記念撮影が出来た♪

3時間みっちり遊び倒して、退場の時には「時間過ぎてるっ!」なんてバタバタ子供を小脇に抱えて、走り出た。
少し(3~5分ほど)オーバーしていたけど、そこはおまけしてくれた♪(親切ぅ~)

アメージングワールドの後は、宗ちゃんママがクリスマスパーティをしよう!とご自宅に招待して下さったので、ご好意に甘えてお邪魔させて頂いた♪

アメージングワールドではどことなくヨソヨソしくて、殆ど一緒に遊ばなかった子供達も、家となると急激に距離が縮まったようで、キャッキャと子犬のように二人で楽しそうにはしゃぎまわっていた。
昂己が宗ちゃんの後を真似して追いかけたり、宗ちゃんが食べたり踊ったりするのと全くそのままマネしてケタケタわらったり。

あまりのスピードで遊びまくる子供達に、シャッタースピードが追いつかず・・・
1225_02.jpg

これだけ家で遊べるなら、別にアミューズメントパークなんて行かなくてもヨカッタ?ってくらい、楽しそうな二人だった。
子供同士で少しずつ遊べるようになったんやね(^ー^)

しかも、宗ちゃんママがパエリアや豚肉の野菜ロールなど、腕によりをかけて美味しいご馳走を沢山作ってくれて、感激!!
あまりに美味しくて、「家でも作ってほしい」と夫に頼まれ、レシピを教わって帰ったほど。
あまり得意じゃない、と言いつつ、毎度美味しいお料理を用意してくれる宗ちゃんママには本当に脱帽です。

本当に素敵なクリスマスになりました♪
急なお誘いにも関わらず、付き合って下さった上に、クリスマスパーティまで催してくれた宗ちゃんファミリーに感謝!の一日でした。

2007年12月17日

パパ!パパ!

昂己は生まれた時から超ママっ子。
時には「パパいや!パパいらん!」なんて言うこともある。

先週はそれがひどくて、パパももう半ギレだった。
「もう可愛がったれへん!世話はするけど・・・」と憤慨していたほど。

それが、今日久しぶりに保育園のお迎えをパパにお願いしたら、仲良く帰ってきて
 「お風呂ママと入ろうよ!」と誘っても
 「パパと!」と拒む。

 「じゃー、ご飯ママと食べようか」と誘っても
 「パパと!」

・・・・へぇ~。えらい心境の変化やん。

定時になるまで仕事部屋から出てこないパパを、何度も何度も部屋の前まで迎えに行ってる。
それを聞いたパパも嬉しそう(*^m^*)

いよいよウワサの“「パパ!パパ!」の時期”が、ついに来たかな♪

071211_2042~02.jpg
   +気づけば勝手に検温してる子+

2007年12月16日

連休のお約束

クリスマス前の連休に、近場でも良いので泊りがけで遊びに行こうか!とパパと企んでいた。
でも、仕事の都合もあるので、ギリギリまで予定は未定、という感じで、正直迷っていた。

今のトコロ、和歌山マリーナシティを予定していて、昂己に話すとすごく喜んでいて。
パパと「どーしよっかぁ・・・」と話していると、横から
「行こっか!行こっか!」とゴリ押ししてくる(^^;)

日帰りになるか、お泊りになるか、は未定だけど、昂己もかなり楽しみにしているみたいだし、「行かない」となると相当ガッカリするだろうなー、とか。
話してもあまり分かってないだろうな、と思っていたけど、何やらカレンダーを指差し、数える仕草をしていたり・・・(カレンダーでこの日だよ、って教えたので)。

どうやら我々の想像以上に理解度は高いようダ。
こりゃ、今後も迂闊にぬか喜びさせるようなコトは言えないナ(^^;)

071216_1253~04.jpg
   +クレープ食べてニッコリ♪+

071216_1253~09.jpg

2007年12月15日

遠い、遠い夢

今日は家族揃って鉢ケ峰にお墓参りに行き、その後私の実家に行った。
体調を崩していた母も少し回復したようで、思ったより元気そうで安心した。

昂己は実家の二匹の犬(ロッキー・ミルク)が大好き!
食事の途中も犬のサークルに近づき、一粒ずつエサをせっせとあげたり、勝手にサークルのゲートを開けたり・・・とにかく気になって仕方が無いみたいだ。

いつか犬が飼える家に住めると良いな。

071215_1554~07.jpg
  +最初は遠慮がちにロッキーが添い寝+

071215_1613~06.jpg
  +気づけば2匹共・・・しかも昂己に乗ってる(-_-;)+

2007年12月10日

ケーキ作り

昨日、寝る前にお誕生日の映像を見ていたところ、昂己が突然「ケーキ!ケーキ!ケェーキィーっ(><)」と半ベソでの必死の訴えをしはじめた。
それで「明日イチゴいっぱいのケーキ食べようね!約束ね!」と何とか納得してもらった。

いつものお気に入りのケーキ屋さんは生憎の定休日。
しかし、近所のスーパーの店頭には、最近イチゴが並びだしているのを知っていたし、最近はスポンジも生地から焼かなくてもきれいな円形のスポンジが売っているのだ。

一緒にケーキを作る楽しみもあると思い、晩御飯の後、パパと昂己を中心にみんなでイチゴたっぷりのケーキを作った。

昂己がホイップクリームを混ぜると、手や顔に着きまくっていて、またそれを気持ち悪い!と大騒ぎ!
でもペロリと舐めて「甘い♪」と味をしめたようで、何度もクリームに指を突っ込みだした。

ようやくホイップクリームが固まり、昂己にわやくちゃにされながらも何とかスポンジにクリームを塗る。
クリームを絞り袋に入れ、いよいよデコレート!
・・・しかし、昂己が袋を鷲づかみ!!
「ぁあああっ!アカン!アカンってーーっ!」とパパ絶叫。
071210_1915~07.jpg

てんやわんやの大騒ぎの上、あちこちにクリームは飛んでるワ、ケーキはとても美味しそう♪という出来ではなかったけど、ようやく形になった。

そしてみんなで切り分け、イチゴたっぷりのケーキを心ゆくまで食べました。
昂己は大きなイチゴを口いっぱいにほおばり、「おいしーねー♪」と満足気!
071210_1920~04.jpg

あまりにイチゴをほおばる昂己を見て、パパは
「幼児の窒息死とかあるから、よぉ見とかな!」と少し心配そう。
071210_1924~09.jpg

ケーキ食べよう、と言うと
 (昂己)「はっぴばーしゅでー、こうちゃんや♪」
 (ママ)「ん?昂己は終わったでしょ?次はママやで」
 (昂己)「はっぴばーしゅでー、ママ!(ロウソク)ふぅ~して!」

愛いヤツめ(*^m^*)♪

2007年12月05日

幸せな夢

今朝、幸せな気持ちで目覚めた。

というのも、キムタクの夢を見たのだ。
正確にはキムタクではなく、キムタク主演のTVドラマ『グッドラック』の新海元とつきあっている夢♪
そう、私の彼がパイロットなのだ。(夢の中で)

目覚めてこの幸せな気持ちを誰かに話したいのに、話し相手はパパしかいない。
抑えきれずパパに「あのな~♪」と話してみると、「ふーん・・・」というパパの素っ気無い返事。
そりゃパパにしたら、どーでも良い話しだし、やきもちとかではなくても気持ちの良い話ではない。
それは充分承知の上だったけど、それでも最近悪い夢ばかりみていたので、どうしても抑え切れなかったのだ。

最後には「ブログに書き。ブログに。」と言われた。

今日テレビで歌っていたキムタクを見て、「やっぱり私が好きなのは、キムタクではなく、新海くんだ♪」と確信。

・・・ま、それもどーでも良いことなんだけど・・・(^^;)

2007年12月04日

せっかく

ウチの母が昂己に、とくれたサンタの人形。
スイッチを入れると音楽が鳴り、サンタが動く。
071205_1143~01.jpg
昂己が喜ぶだろう、と思って部屋に飾り、保育園からの帰り道「サンタさんおウチにいるねんで♪」と喜ばせていた。
帰宅した昂己はサンタを見るなりフリーズ。

「・・・・コワイ。こわい!!」

あれれ(・ ・;)

仕方なくパパの仕事部屋へサンタは移動。
それでもどうにも気になるらしく、何度もサンタを確認しに行く昂己。
ミッキーさんの時と同じ行動パターンだ。

何度もパパを連れてサンタさんにご挨拶に行き、嬉しそうに私のトコロへ走って来て「サンタさん、怖くない!」と報告に来る。
それじゃー、とサンタさんを持って、「こーちゃーん」とやると、「こ、こわいっ!」と表情を強張らせ後ずさり。
やっぱり怖いみたいだ。ははは

でも、これでまた昂己が言うことを聞かないときの特効薬が出来た。と、ひそかにほくそ笑んだのは、私だけではなかったはず・・・( ̄ー+ ̄)