妊娠 出産 育児
 
2007年07月29日

おーい!じぃじぃ~!

070729_02.jpg
今日の午前中は選挙の投票に行き、そのまま公園で昂己と遊んだ。
帰宅後ベランダのプールで水遊びをした後、お昼ごはんを食べ3時頃までお昼寝。
4時頃から夫の実家へ遊びに行った。

家に着くと“ばぁば(義母)”と“にいに(義兄)”が昂ちゃんの到着を楽しみに待っていてくれた。
義父さんは外出中とのこと。

暫く家で遊んでいた昂己だったけど、物音がするたびに玄関まで走って行き「じぃじ?」と指差している。
どうやらじぃじ(義父)の帰りを待っているようだ。
「じぃじをお迎えに行こうか?」と誘うと、そそくさと玄関先に座り出かける準備。
いつのまにこんなにじいちゃんが好きになったんだろう?
でも嬉しいことだ♪

「じぃじはどっちから帰ってくるかなー?」と近所をブラブラしていると、チャリンチャリンと自転車で向かってくる男性。
「あ!じぃじだ!昂ちゃん“じーじー!”って」と誘うと、大きな声で「じぃーじぃ~っっ!!おぉ~いっ!」と昂己。
じいちゃんが来たらにっこり満面の笑みでじいちゃんの足元に駆け寄ったヨ。

じぃじぃの手には昂ちゃんに、とセミを捕まえて来てくれた。
でもその大きな音で鳴くセミに昂己はびっくり!
慌てて私の後ろに隠れた。ははは!昂己は本当に怖がりだ。(という私もセミは怖いけど・・・)

家の中でもじいちゃんのお膝にちょこんと座ってみたり、ばあちゃんに本を読んでもらったり、にぃにぃにご飯をもらったり、みんなに遊んでもらって昂己はご機嫌(^o^)v

夫の実家や家族をもうすっかり覚えたみたい。
写真を見ては「ばぁば!」とか指差して教えてくれる。
そりゃそうだよね。あんなに大事に可愛がってもらっているんだものね♪
昂己はじいじ、ばあば、にいにが大好きみたいだ。
帰宅後も「にぃに、ちょうだい!(←にぃにと会いたい、遊びたいという意味)」とか言ってた。

昂己がみんなになついてくれることを、私も夫も嬉しく思っている。
今度、義兄さんも一緒に海に行かないかな~。
昂己も喜ぶのにな~(^m^)

2007年07月28日

サザンビーチへGO!

070729.jpg
昂己に海を見せてやりたい!とずっと思っていて、パパにお願いして近場だけど泉南市にある樽井サザンビーチに連れてってもらった♪

7:30には出発して正午くらいには帰路につこう!という目標だったけど、結局出発は9:30。
途中ガソリンスタンドとコンビニに寄り、海に到着したのは11時。

初めての砂浜を歩く昂己はサンダルに入ってくる砂が気になって仕方ない様子。
興奮はしていなかったけど、嬉しそうだった。

パパと初めて海へ入った時は、少し怖がってスグには水に入らず砂浜でチャプチャプ。
暫くすると自分から沖へ向かっていったそうな(私は砂浜で座っていた)

たくさん遊んで徐々に海に慣れてきた昂己は、海の家で買ったフランクフルトをほぼ一本食べ、お茶を飲んだらまた海に入りたがった。

散々遊んでビーチを後にしたのは2時頃。
帰りの車内での昂己はもちろんネンネ。

しまじろうのビデオに映る海を見るたびに興奮していた昂己。
ようやく連れてってあげれてヨカッタ♪
とても喜んでくれたみたいだ。
ビーチまでは車で1時間だし、だいたい勝手もわかったので、またお天気がよければ来週も連れてってあげよう(^^)

2007年07月27日

にゅーにゅーちょーらいっ!

070726_1728~01.jpg
昂己がひんぱんに色んな大人の言葉をマネするようになった。
まだ上手には言えない言葉が多いものの、リズムや音を上手にマネる。

そして最近覚えてよく使う言葉。「○○ちょーらいっ!(←ちょうだい)」
近所のスーパーで試飲した「おいしい牛乳」。
家ではそんなに好んで飲まなかった牛乳だったが、この「おいしい牛乳」を飲んだ後指を1本立てて「いっき!(←もう1個)」
そんなに美味しいなら1本買って帰ろう、と購入。
家に帰るなり「にゅーにゅーっ!にゅーにゅーっ!」と袋を指差して騒いでいる。
パパに「牛乳チョーダイ、やろ?」と教えてもらい、「にゅーにゅーちょーらいっ!」と両手を出す。
「牛乳入れてあげるから座って待ってて」と言うと、「うんっ!」と自分のイスに走って行きチョコンと座って待ってる。
そしてその後「にゅーにゅーちょーらいっ!」→飲み干す、の繰り返し。5~6回は続いた。

姉の家に行っても「にゅーにゅーちょーらいっ!」
姉ん家にあったのは普通の牛乳だったけど、喜んで飲んでいた。(おいしい牛乳ほどではなかったけど)

おっぱい卒業して以来、本当によく食べるようになったし、世界が広がったんだなって感じを受ける。
言葉も目に見えてよくしゃべるようになったし、起床・就寝のリズムが安定した。
それと同時に自我も芽生えてきてやりにくいことも多いけど、我が家ではキチンと話をして解決する方向で今のところうまく行っている・・・と思う(^ー^;)

表情も豊かになり、子供番組の歌もぼーと見るだけじゃなく、一緒に歌ったり踊ったり飛び跳ねたりするようになった。
最近のお気に入りはホップコーンの歌と電車の歌。

昂己が家にいると大変だけど、すごく面白くて我が家は笑いに包まれる。
毎日少しずつ“昨日より成長”している姿を見せてくれ、驚かされっぱなしだ。

私達が昂己を見ているように、昂己もすごくよく私達の言動を見ていて、時々「あ!私達の真似してんだ!!」って気づくこともあったり・・・(そうそう、宗ちゃんもだよね♪)
本当に子供って面白いナー♪

2007年07月26日

「もしもし」ごっこ

070726_1723~02.jpg
 「ぴっぴっぴ・・・と。」

070726_1722~01.jpg
 「あーもしもし・・・」


電話をかけるマネっこ遊びをする昂己。
受話器を肩に挟んであちこち指を差しながら話してみたり、「うん、うん」なんて相槌打ってみたり・・・
最後(通話終了間近)には「あーい」なんて、まるっきり私達の口調をマネしてる。

ほんとうによく見てるな~(^~^;)
いよいよ本当に昂己の前でヘタなこと出来なく(言えなく)なってきたゾ・・・

2007年07月23日

プチ反抗期~イヤイヤの連発~

070722_1943~01.jpg
最近頻繁に「イヤ!イヤ!」と色んなコトを拒む昂己。
特にパパとよくもめてる。
自己主張がすこぶる強くなってきて、自分が何かしている(したい)のを邪魔されるとモーレツに怒り泣き出す。

プチ反抗期といって1歳半くらいから始まる「自己主張期」なのかも知れない。
大事な成長の過程らしい。
(もちろん個人差があってまったく反抗期の無い子もいるし、小学校から・・という子もいるらしい)

色んな事が出来るようになり、自分の気持ちを表現できそうで、でも出来なくて・・・イライラしてパニックになって、もう何を聞いても「イヤイヤっ!」となるそうな。
自分でまだ気持ちの整理が出来ないというか、自己の要求とそれが叶う範囲のギャップの折り合いが付けられないのだ。
そうなると、子供自身も何がしたいのか、何に怒っているのかわからなくなってくるらしい。

そんな状態の子供と真っ向から本気でケンカしても収集つくわけがなく・・・
当たり前だけど、親(大人)が子供の気持ちを受け止め、良い塩梅にしてあげなくてはいけない。

■対処方法その1:気持ちの代弁
 (着替えなどうまく行かず癇癪を起こしてる子供に・・・)
 「○○したかったんだよね。でもとても難しくて出来ないねー。難しいねー。難しいねー・・・」と何度も子供の気持ちを確認しながら、繰り返し代弁してあげる。
 そうすることによって、親自身もなぜ子供がこんなに泣き叫ぶ(パニックになっている)のか、冷静に考える事ができる。

■対処方法その2:子供の意見をきちんと聞いてあげる
 「あなたはどんなふうにしたいの?」と余裕を持ってとことん聞いてあげる。
 選択肢をいくつか提案してあげ、 一緒に解決方法を見つける。

■対処方法その3:放置
 好きなだけ(気の済むまで)泣かせる。
 思いっきり泣いた後は意外と子供自身もすっきりして素直になったりする。


などなど、様々な意見がありますが、全体を通してやってはいけない応対もありました。

■一方的に「何々しなさい!」と押さえつける、「だめ!」のくりかえしは逆効果。(益々パニックを引き起こす)
■「お願いだから・・・」などと、いいなりになりすぎない。モノで釣らない。(泣けば手に入る、と勘違いさせてしまう)

生協のパルシステムの育児子育て相談室で、とても興味深い悩みと回答を見つけました。
相談内容は「ママ(質問者)がとても精神的に参っていて、子供のイヤイヤもエスカレートし、手に負えなくなっている」というもの。

色んな育児書や雑誌の育児相談などで「へぇ~、なるほどー」なんてよく感心しているわりには、いざ我が子への対応となると感情が先走り、うまく子育て出来ているのか自信がない。

昂己の場合、家では荒くれモノだけど、保育園では良い子みたいで・・・
どうやら子供の中でもちゃんと家と保育園を区別しているようだ。

皆が座ってご飯を食べている時に「ここで暴れても仕方ない」と。
「皆がしてるから、僕もしなくちゃ」と、自然に感じ行動しているようだ。

家での乱暴ぶりを先生に話すと、「へー意外~!」って感想が帰ってくる。
「保育園ではちゃんとしてますよ~」って。
家ではちゃんと躾れてないってコトかしら・・・と深読みしてしまったり・・・(ーー;)

子供を信頼してあげるのが大事なんだそうな。
「・・・しちゃだめ!」「大丈夫?」「こーしなさい(命令形)」「だから言ったでしょ!」のようなのは出来るだけ避けたい言葉。
子供を信頼し、自分で考え行動させる。
もし失敗しても、大事な経験値となり、次回はどうすれば良いか自然に考えるようになるのだとか。

・・・・やっぱりあたしって頭でっかちだわー・・・ふぅ~

2007年07月22日

ゆっくり充電

070722_1858~01.jpg
週末にひいた風邪を治すべく休日の過ごし方とは・・・
夫婦で相談した結果『出来るだけ保育園の時と同じリズムで過ごそう』ということになった。

つまり、11:30にはお昼ご飯を食べ始め、12:30~15:00はお昼寝。
出かけるならば午前中のうちか、夕方限定。

何とか土曜、日曜ともそれに近いリズムで過ごせた。
そしたら昂己の風邪も少し良くなったように思う。

鼻水はくしゃみやちょいとした拍子に顔を出す程度になったし、咳も忘れた頃に2~3回出る程度。
ヨカッタ。

夕方目にかかってきた前髪だけを切ってあげたら、後ろ髪だけ長くなってヤンキーの子供(か、旅公演している子役)みたいになってしまったので、急いで後ろと耳周りも切った。
なんか急にお兄ちゃんっぽくなって、オムツが似合わなくなってきたゾ・・・
070722_1859~01.jpg

2007年07月21日

風邪?

この週末は夫の実家に遊びにいくつもりだったけど、どうやら昂己が軽く風邪ひいたみたいだ。

(木)にプール開きだったけど、結局木曜日も金曜日も鼻水(青っ鼻)が激しく出ていたのでプールには入れなかった。
加えて、昨日から軽く咳も出だした。

夫と相談した結果、実家に行って風邪をうつしてはいけないし、人ごみも良くないだろうから、図書館に行こうと決めた。
ま、我々のことだから、予定倒れになる可能性も大いにあるのだけれど・・・

週明け元気に保育園でプールに入れるよう、できるだけウロチョロせずに大人しく過ごすのか懸命だろう。
・・・残念(><;)