日 記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検

昂己の成長アルバム良い物発見お役立ちサイト手作り冠婚葬祭マナーと常識祝日・記念日


HOME妊娠・出産出産・入院>会陰縫合・初乳


会陰縫合、初乳。母になった実感・・・

破水から始まったお産。
子宮口が開いておらず、とりあえず即入院し様子をみることになりました。


妊娠・出産INDEX

■通院の記録■
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月

 

■出産・入院■
11/1(火)AM7:30
「おしるし」と「破水」が同時に来た!

     ↓
AM9:00
病院到着。内診、入院
     ↓
PM12:30
お部屋で陣痛待ち
     ↓
PM11:02
陣痛開始(5分間隔)
     ↓
11/2(水)AM1:54
3218gの男児、誕生!
     ↓
会陰縫合、初乳
     ↓
初めての出産を終えて

 

■夫による出産記録■
 妻入院
 誕 生

 

■体の変化■
 妊娠中の私の体の変化

 

■出産準備リスト■
  出産に向けて準備した物を一覧にしました

 

■たかせ産婦人科■
 美味しいお料理たち
 入院セット、お土産セット

 

 

 

 

   会陰縫合、初乳。母になった実感・・・


赤ちゃんがシートに乗せられた時、看護師さんに「お父さん、カメラ、ビデオ持ってます?」
夫は病院到着後、まっすぐLDRに駆けつけた為、カメラやビデオを部屋においてきていました。
「あっ!部屋にあります。取ってきます!」そう言って部屋を出ようとしたら「一旦出られるのでしたら(後処理が終わるまで)しばらく入らないで下さい。」そう言われ、夫は一旦LDRから出されました。
なので、生まれた瞬間の写真を撮りそびれてしまいました・・・これは残念でした。

出産の間ずっと全身に思いっきり力を込めていたせいで、その後の胎盤を出す処理の間も、会陰縫合の間も私の体には力が入ったままでした。
変なうめき声を上げる私にやっぱり冷静な口調で
「もうそんなに力入れんでエエねんけどなー・・・」と先生がつぶやく。
そう言われてもなかなか体の緊張を緩めることができませんでした。
あとで聞いて分かったのですが、私の場合、外側の会陰切開以外にも、急激にお産が進んだ為、中も少し裂けたらしいのです。

縫合の間、助産師さんや先生が話しかけてくれました。
  助産師さん:「もう性別は(検診の時に)聞いていたのかな?」
    私  :「あ、はい。いつも(おちんちんを)股の間に挟んでいましたけど・・・」
  たかせ先生:「もう名前は決められたんですか?」
    私  :「あ、ハイ・・・」
  たかせ先生:「・・・(ちょっと聞きづらそうに)何て言うんですか・・・モゴモゴ」
    私  :「“こうき”って付けたんです」
  たかせ先生:「おっ!ウチの長男と同じ名前ですねー。どんな字書くんですか?」

そんな少し和やかな会話が続き、私も少しずつリラックスすることができました。
なんだか先生、いつもより話しやすい・・・そう感じました。
そして思い切って「初乳って飲ませられるんですか?」と聞いてみたら
助産師さんが「お母さんの体調みて、よさそうならあげてみる?」
ヤッター!生後2時間までの初乳を飲ませるのが大事って本に書いていたから、どうしても飲ませたかったのです。

一通りの処理が終わり、たかせ先生は「おめでとうございます。お疲れ様でした」のような事を言われ、LDRを出られました。「ありがとうございました」とベッドに寝たまま私はお礼を言いました。
後から聞いたのですが、このあと廊下で待っている夫に、たかせ先生はナースステーションから出てこられて、赤ちゃんや私が元気なこと、赤ちゃんの身長体重などの報告があったそうです。


その後、助産師さんが赤ちゃんを私の寝ている横に連れてきてくれました。
ちょうど腕枕をするような形で赤ちゃんはコロリと私の横に収まりました。
気付くと夫が再度LDRに通され、今度はちゃんとカメラを持って入ってきました。
しばらく写真を撮ったりビデオをまわしたり、二人で赤ちゃんの無事に誕生したことを喜び合いました。

その後、「お母さんオッパイ飲ませてみる?大丈夫?」と看護士さん。
「はいっ!お願いします。」とすかさず返事しました。
看護士さんは私の胸の上に赤ちゃんをうつぶせに寝かせ、私の乳首をつかみ赤ちゃんの口に含ませました。


生まれたてなのに、私のおっぱいをちゅうちゅうと上手に吸うその姿を見て、また涙が出てきた。
妊娠中期からせっせとオッパイマッサージをしてヨカッタ。
一生懸命赤ちゃんに会うために毎日歩いたりオッパイマッサージをしたり、拭き掃除をして少しでも安産に、と努力してきた日々がフラッシュバックして、また泣いた。

「私、がんばったよ!」と。
夫に1番に褒めてもらいたかった。
(もちろん夫は目一杯褒めてくれました。)

それから5日間の入院生活が始まり、11/6の日曜日に無事家族そろって退院しました。

 

←BACK(誕生)
(あとがき)NEXT→

 


HOME妊娠・出産出産・入院>会陰縫合・初乳