日 記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検

昂己の成長アルバム良い物発見お役立ちサイト手作り冠婚葬祭マナーと常識祝日・記念日


HOME妊娠・出産出産・入院>陣痛


陣痛

遂にソレらしい痛みがやって来ました!
夫も駆けつけ、いよいよ赤ちゃんに会える瞬間が近づいています♪


妊娠・出産INDEX

■通院の記録■
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月

 

■出産・入院■
11/1(火)AM7:30
「おしるし」と「破水」が同時に来た!

     ↓
AM9:00
病院到着。内診、入院
     ↓
PM12:30
お部屋で陣痛待ち
     ↓
PM11:02
陣痛開始(5分間隔)
     ↓
11/2(水)AM1:54
3218gの男児、誕生!
     ↓
会陰縫合、初乳
     ↓
初めての出産を終えて

 

■夫による出産記録■
 妻入院
 誕 生

 

■体の変化■
 妊娠中の私の体の変化

 

■出産準備リスト■
  出産に向けて準備した物を一覧にしました

 

■たかせ産婦人科■
 美味しいお料理たち
 入院セット、お土産セット

 

 

 

 

   2005.11.1(火) PM11:02  陣痛が5分おきに始まる


その後、夜の11時過ぎになると痛みは「生理痛」から「下痢のひどい時の痛み」くらいに明らかに変わりました。
その時すでに感覚は5分。

「ちょっと痛いんですが・・・」ナースコールで看護士さんに伝えると、じゃLDRに行きましょう、ということで支えられながら移動しました。
看護士さんがお部屋に到着するまでの間にも、痛みの感覚は2分刻みになっていました。

LDRで横になった途端、痛みが急激に増し「アイテテテテ・・・」
看護士さんに力を抜くように指示されるも、一定のリズムで襲う痛みに体に力が入り、
「これから何時間もこの痛みが続くんだろうか・・・」と不安になりました。

「まだ夫を呼ぶのは早いですか?」と痛むお腹に耐えながら聞くも
「そうね〜、まだ早いですね〜。初産だしね」との返答。

「出産の時、大声出したりしたくない」そう思っていたのですが、もう声を出さないでいることをガマンできなくなり、「うーーん、痛いっ!痛いっ!」。
私の痛がり方に助産師さんが「そんなに痛い?」と内診をする。
どうも、NSTを付けたにも関わらず、ちゃんと読み取れていないようでした。
「どんどん下がっているね。赤ちゃんが下がってる痛みやわ。」

ソフロロジーなんて、呼吸法なんてする余裕ゼロ!
何か音楽は流れていたけど、何も耳に入らない。
とにかくいつまで続くか分からないこの痛みに、耐えるのが精一杯。
ゴールの見えないマラソンほど辛いものはない・・・

さっき夫を呼ぶのは早いと言った看護士さんが、5分も経たないうちに
「ご主人を呼んでください」と私の携帯を渡してくれた。

すぐに駆けつけた夫は、私が「出産の時かけてほしい」と言っていたリラックス用のMDをしきりに気にしており、
「MDは使えますか?使えますよね?」と看護士さんと私の頭上でずっとMDが聞けるか聞けないか問答を繰り返している。
夫よ・・・もう今の私の耳には何も聞こえないゾ・・・

私は取り乱したい気持ちを精一杯がまんして、自分を冷静にするためにも、わざと落ち着いて「もう寝てたの?がんばるね」などと夫に話しかけました(ように思います)。

 



+最後のデカ腹+
←BACK(陣痛待ち)
(誕生)NEXT→

 


HOME妊娠・出産出産・入院>陣痛