日 記妊娠・出産育児おすすめ北摂情報良い物発見映 画グルメユーザー車検

昂己の成長アルバム良い物発見お役立ちサイト手作り冠婚葬祭マナーと常識祝日・記念日


HOME妊娠・出産>妊娠10ヶ月


妊娠10ヶ月

いよいよ臨月。
出産という未知の経験を前に、もう不安よりも早く赤ちゃんに会いたくて会いたくて!


妊娠・出産INDEX

■通院の記録■
 妊娠2ヶ月
 妊娠3ヶ月
 妊娠4ヶ月
 妊娠5ヶ月
 妊娠6ヶ月
 妊娠7ヶ月
 妊娠8ヶ月
 妊娠9ヶ月
 妊娠10ヶ月

 

■出産・入院■
11/1(火)AM7:30
「おしるし」と「破水」が同時に来た!

     ↓
AM9:00
病院到着。内診、入院
     ↓
PM12:30
お部屋で陣痛待ち
     ↓
PM11:02
陣痛開始(5分間隔)
     ↓
11/2(水)AM1:54
3218gの男児、誕生!
     ↓
会陰縫合、初乳
     ↓
初めての出産を終えて

 

■夫による出産記録■
 妻入院
 誕 生

 

■体の変化■
 妊娠中の私の体の変化

 

■出産準備リスト■
  出産に向けて準備した物を一覧にしました

 

■たかせ産婦人科■
 美味しいお料理たち
 入院セット、お土産セット

 

 

 

 

   2005.10.11(火) 36w2d  たかせ産婦人科(診察料+血液検査+薬代 ¥10,980)


今日は臨月に入って始めての検診。
連休明けの午前中ということもあり、今日は一人での受診。
混雑は予想していたものの、退院する方が私がロビーで待っている間だけでも3組おられて、その都度看護婦さんやたかせ先生が玄関先までお見送りに出られるので、いつもにも増して待ち時間が長かったように感じます。

ロビーで危うく眠りそうになっているとようやく名前を呼ばれ、診察室に入ると先生が、
「今日はご主人さん来られてないんですね。入院・分娩のご説明をご主人にもお話しようと思ってたんですが」
(そんなん聞いてないよぉー・・・)と思いつつ、超音波で赤ちゃんの様子を確認。

ベビーは若干頭が大きいものの順調そのもので何の問題もなし。
問題は私の体重が2週間前の検診から1.6kgも増加しているコト。
てっきりこっぴどく怒られると予想していたのですが、
 先生:「2週間で1.6kgは増えすぎですね。どうしたんですか?」
 私 :「この連休外食が続きまして、食べ過ぎました・・・」
 先生:「がんばってくださいね」
 私 :「・・・ハイ・・・」

意外な先生の穏やかな口調に拍子抜けしながらも、そのまま2番の内診室で診察。異常なし。
まだまったく出産に向けて、(赤ちゃんが下りてきたり、子宮口が薄くなったりの)兆候が無いらしい。

その後、血液検査で大量に血を抜かれた後、別室で入院の説明をしていただきました。
しっかりおっぱいマッサージや運動をするように指導をもらい、終了。

最後の精算の時、分娩入院費用の前払い金150,000円を近いうち支払うように言われました。
次回は1週間後。
次の検診までに体重を減らしておかなくちゃ!
今週はしっかり歩こう!

 

   2005.10.19(水) 37w3d  たかせ産婦人科(診察料 ¥6,930)(分娩預かり金¥150,000)


今日は仕事帰りの夫に付き添われ受診。
時間5分前くらいについたのですが、ロビーにはいつもより少な目の患者さん。
いつも通り、採尿・血圧、体重測定を済ませるとスグに名前を呼ばれ中待合に。

中待合から聞こえてくるたかせ先生の声は、いつもよりテンポがゆっくりで半オクターブくらい高く感じました。
「先生、今日機嫌良さそうやな〜。それか患者さんがスゴイ先生のタイプとか?」なんて夫と話しながら待つ事10分前後。

内診では「少しずつ下りてきてはいますが、まだまだ子宮頸管も開いてませんし、まだまだですね」とのこと。
その後の夫と一緒に受けた超音波映像と問診では、たかせ先生はいつもにも増して饒舌でした。

私のお腹にジェルを塗りながら「赤ちゃんに早く会いたいですか?そんなに慌てても仕方ないのになぁ〜。今だけですよぉ、こんなにゆっくり出かけられるのは。生まれてしまったら忙しくて大変ですよー」なんて、明るく話してくださいました。

赤ちゃんはすこぶる順調で平均をあらわすグラフでは、若干大きめのトコロにいました。
赤ちゃんは超音波映像を撮影している時も、両手を顔の前であわせてもぞもぞ動いていました。

私も血圧・体重も問題なし!
「しっかり歩いてますかー?」との先生の問いに「はい!」と元気にお返事する私。
前回行った血液検査の鉄分の数値も充分上がっており「今日は薬はお出ししません」と先生。ヤッター!
でも気を緩めずこれからもしっかり鉄分や栄養補給を意識した食事を心がけなくっちゃ!

今日は“分娩預かり金”として15万円の前金をお支払いしました。
次回も1週間後の検診です。
既に推定体重2966gのベビーちゃんに嬉しく思いながらも、反面「あんまり大きくなってしまうと出産が大変になるのでは・・・」とちょっぴり不安な気持ちが生まれてきている私でもあります。

 

+子宮底長:31cm+

 

 

  

 

2005.10.26(水) 38w3d  たかせ産婦人科(診察料 ¥6,710)

今日も夫に付き添われて受診。
混み具合はまずまずで15分ほどで順番は来ました。

まずは超音波と問診から。
体調の変化など問われ、特に変わった様子はないことを伝えると「進んでいるといいんですけどね」と先生。
赤ちゃんの測定には多少の誤差が出るので、前回より少し小さめに測定結果が出ました。心臓も元気に動いているし、母子共に特に問題はなさそう。

超音波映像では赤ちゃんは顔を背けており、おまけに手で顔を覆っていたので「おもしろくないですね〜。睾丸ばっかり(写真に)撮っても仕方ないですしねー」と言いつつ、先生は「睾丸にしときますか」と今日も睾丸の写真をくれました。
ははは。

最近は特にがんばって2時間の散歩やフローリングの拭き掃除などしていることと、食べ過ぎに注意しているせいか体重が前回よりも1キロ減少しており、先生に「何かありましたか?」と聞かれました。
っつうか、私にしたら2週間前に一気に2キロくらい増加したので戻った、という感覚なのです。その旨を伝えると「がんばってるんですね。」と先生。

その後、内診。
「進んでいると良いですねー」という先生の言葉とは裏腹にまだちっとも進んでいなかった私の体。ちっ・・・
前回よりは下りているが、とのこと。
受診を待つ間から今までにないお腹の張り方をしており、かなり苦しかったので、もしかしたら随分進んでいるんではないかしら?なんて夫と話していただけに、正直かなりガッカリ・・・

次回はまたしても血液検査とノンストレステストというのが診察に加わるらしく、受診時間を早めに取るように、とのコト。
仕方なく次回は一人で午前中に受診することになりました。(淋しいっ!)
ま、最近は超音波映像もさほど目新しい成長もないし、夫に付き添ってもらわなくちゃいけないような状況でもないし・・・仕方ないっス。

 


+子宮底長:32cm+

  
←妊娠9ヶ月
出産・入院→

HOME妊娠・出産>妊娠10ヶ月